★新春福袋2021★ 越乃寒梅呑みくらべ YD 越乃寒梅飲みくらべ 720ml×5本 越乃寒梅 無垢 灑 さい 特撰 別撰 白ラベル 720ml5本 無地ダンボール箱入 お酒 プレゼント 御歳暮 ギフト お誕生日 酒 御中元 石本酒造 最高 日本酒 還暦祝い 父の日 新潟 4603円 越乃寒梅呑みくらべ! YD【越乃寒梅飲みくらべ】720ml×5本『越乃寒梅 無垢・灑(さい)・特撰・別撰・白ラベル 720ml5本 無地ダンボール箱入』新潟 酒 還暦祝い お酒 ギフト 石本酒造 プレゼント 最高 日本酒 ギフト 日本酒 お誕生日 プレゼント 父の日 御中元 御歳暮 日本酒・焼酎 日本酒 飲み比べセット 無地ダンボール箱入』新潟,/glycocholate815080.html,プレゼント,越乃寒梅呑みくらべ!,酒,4603円,日本酒,日本酒・焼酎 , 日本酒 , 飲み比べセット,お誕生日,720ml5本,石本酒造,御中元,無垢・灑(さい)・特撰・別撰・白ラベル,父の日,お酒,還暦祝い,ギフト,最高,YD【越乃寒梅飲みくらべ】720ml×5本『越乃寒梅,kipuwmusicproductions.nl,プレゼント,ギフト,御歳暮,日本酒 無地ダンボール箱入』新潟,/glycocholate815080.html,プレゼント,越乃寒梅呑みくらべ!,酒,4603円,日本酒,日本酒・焼酎 , 日本酒 , 飲み比べセット,お誕生日,720ml5本,石本酒造,御中元,無垢・灑(さい)・特撰・別撰・白ラベル,父の日,お酒,還暦祝い,ギフト,最高,YD【越乃寒梅飲みくらべ】720ml×5本『越乃寒梅,kipuwmusicproductions.nl,プレゼント,ギフト,御歳暮,日本酒 ★新春福袋2021★ 越乃寒梅呑みくらべ YD 越乃寒梅飲みくらべ 720ml×5本 越乃寒梅 無垢 灑 さい 特撰 別撰 白ラベル 720ml5本 無地ダンボール箱入 お酒 プレゼント 御歳暮 ギフト お誕生日 酒 御中元 石本酒造 最高 日本酒 還暦祝い 父の日 新潟 4603円 越乃寒梅呑みくらべ! YD【越乃寒梅飲みくらべ】720ml×5本『越乃寒梅 無垢・灑(さい)・特撰・別撰・白ラベル 720ml5本 無地ダンボール箱入』新潟 酒 還暦祝い お酒 ギフト 石本酒造 プレゼント 最高 日本酒 ギフト 日本酒 お誕生日 プレゼント 父の日 御中元 御歳暮 日本酒・焼酎 日本酒 飲み比べセット

新春福袋2021 越乃寒梅呑みくらべ YD 越乃寒梅飲みくらべ 720ml×5本 越乃寒梅 無垢 灑 さい 特撰 別撰 白ラベル 在庫一掃売り切りセール 720ml5本 無地ダンボール箱入 お酒 プレゼント 御歳暮 ギフト お誕生日 酒 御中元 石本酒造 最高 日本酒 還暦祝い 父の日 新潟

越乃寒梅呑みくらべ! YD【越乃寒梅飲みくらべ】720ml×5本『越乃寒梅 無垢・灑(さい)・特撰・別撰・白ラベル 720ml5本 無地ダンボール箱入』新潟 酒 還暦祝い お酒 ギフト 石本酒造 プレゼント 最高 日本酒 ギフト 日本酒 お誕生日 プレゼント 父の日 御中元 御歳暮

4603円

越乃寒梅呑みくらべ! YD【越乃寒梅飲みくらべ】720ml×5本『越乃寒梅 無垢・灑(さい)・特撰・別撰・白ラベル 720ml5本 無地ダンボール箱入』新潟 酒 還暦祝い お酒 ギフト 石本酒造 プレゼント 最高 日本酒 ギフト 日本酒 お誕生日 プレゼント 父の日 御中元 御歳暮




越乃寒梅720ml5本の呑み較べです。
越乃寒梅 無垢 純米吟醸
越乃寒梅 特撰 吟醸酒
越乃寒梅 灑(さい) 純米吟醸酒
越乃寒梅 別撰 吟醸酒
越乃寒梅 白ラベル 普通酒。
ぜひ一度呑み比べてください!

「 寒梅 無垢」
精米歩合48%に磨いた山田錦を使用。米本来の旨味をしっかりと出している、越乃寒梅の「純米吟醸酒」です。酸味を抑えた幅と厚みのある味わいが特徴で、とろりとした滑らかさと香りも大きな魅力です。
純米酒を気軽に楽しみたい時に、ゆっくりと味わって頂きたいお酒です。

2018年3月より、ラベルと化粧箱がリニューアルされました。

「 寒梅 灑」
「越乃寒梅」45年ぶりの新商品!
「越乃寒梅 灑 (さい) 純米吟醸酒」は、精米歩合55%に磨いた五百万石と山田錦を使用。越乃寒梅らしい上品さ、キレの良さは、長年使い続け、その特性を熟知した酒造好適米を原料米に、吟醸造りでしっかりと低温熟成させたからこそ表現できる特徴です。
日本酒をはじめて口にする人にもお楽しみいただけるよう、米の旨味を感じやすい純米酒でありながらも、ライトで飲みやすく、飽きの来ない味わいに仕上がっています。

「越乃寒梅 特撰 吟醸酒」
ほのかな吟醸香があり、口当たりは軽く滑らか、飲み口が良く、後味に旨味が拡がる、ふくらみのある上品な味に仕上がっています。「吟醸酒」ですが、常温でも、ぬる燗でもよし。お酒が進んでも、最後まで変わらぬ味をお楽しみ頂ける、蔵元自慢のお酒です。

「越乃寒梅 別撰 吟醸酒」
香り・味ともに軽やかな特徴を持つ酵母と、酒造好適米のみで醸される、軽快でスッキリした味が特徴です。「淡麗辛口」と呼ぶにふさわしく、常温や冷やで飲むと爽やか、ぬる燗では味の幅の拡がりをお楽しみ頂けます。何か良いことがあった時、ちょっと奮発したい、そんな時にぴったりの贅沢な日常酒です。

「越乃寒梅 白ラベル 普通酒」
普通酒ですが精米歩合は60%と吟醸酒規格の品質! 普通酒と言えども、吟醸造りの技術を基本に、低温で長期間じっくりと発酵させて丁寧に仕込んでおり、最も身近で飲み応えのあるお酒です。力強く跳ねるような後味から、古いファンからは「尻ピンのお酒」とも呼ばれています。冷してよし、常温でよし、燗をつけてもよしのオールマイティーなお酒です。

※この商品の発送は、無地ダンボールでのお届けとなります。

※熨斗紙を指定された場合はダンボール内に添える形となります。
※ギフト包装はできません。

越乃寒梅呑みくらべ! YD【越乃寒梅飲みくらべ】720ml×5本『越乃寒梅 無垢・灑(さい)・特撰・別撰・白ラベル 720ml5本 無地ダンボール箱入』新潟 酒 還暦祝い お酒 ギフト 石本酒造 プレゼント 最高 日本酒 ギフト 日本酒 お誕生日 プレゼント 父の日 御中元 御歳暮

トピックス

関連イベントのお知らせ

事務局からのお知らせ


2月11日(金 ・祝)・12日(土)開催の日本デジタルゲーム学会第12回年次大会は対面型での開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス「オミクロン株」の流行状況の急激な変容に鑑み、完全オンラインでの開催に変更させていただくことになりました。

第12回年次大会では、With コロナ時代の研究活動を模索すべく対面型での開催準備を進めておりましたが、皆さまのご健康を最優先とし、オンライン開催への変更が適切と判断致しました。非常に判断が難しい状況下ではありますが、このような決断に至りましたこと、ご理解を賜れれば幸甚でございます。

今回の開催形式の変更に伴い、発表者、参加者の皆様の報告準備や参加方法にも影響が生じるかと存じます。深くお詫び申し上げます。


参加申込は以下のフォームからお願いしたします。
https://service.gakkai.ne.jp/society-member/auth/apply/DiGRA

画面上部に「オンライン参加登録システムにログインするためのIDとパスワードをお持ちですか?」という選択肢がございますが
・日本デジタルゲーム学会の会員あるいは、非会員で本システムに登録済の方は「はい」を選択してください。(会員のIDは1月中旬に配信のニューズレターの文末に記載しています)
・非会員で本システムに初めて登録される方は「いいえ」を選択してください。


大会に参加するには、参加費が必要となります。

参加登録フォームにて登録後、指定の方法(クレジットカード/口座振込)でお支払いください。

大会参加申込締め切りは2月7日(月)、支払い締め切りは2月8日(火)です。
締め切り日より翌日以降の申込、お支払いはできませんのでお早めのご登録をお願い致します。

申込後、自動返信メールにて、ZoomのURLや予稿集など大会参加者向け情報を掲載するwebページのURLをお送りいたします。(情報は随時更新していきます)

自動返信メールが届かない場合は、 conf12thあっとdigrajapan.org まで問い合わせをよろしくお願いいたします。(あっとは@に変更して送信下さい)


大会の詳細は、年次大会webページ

https://digrajapan.org/conf12th/

をご確認ください。

基調講演やプログラムなど、随時情報を公開していきます。

みなさまのご参加をお待ちしております。


Professor Masayuki Uemura (Research Advisor, Center for Game Research, Ritsumeikan University), who had made significant contributions to DiGRA Japan, passed away on December 6, 2021. 

Professor Uemura played a vital role in the formation and development of the digital game industry as a developer of Nintendo’s Family Computer and Super Nintendo Entertainment System (SNES). He was also one of the first people from the game industry to expand his activities to academics to promote game-related research and education. At present, many of the college graduates who had him as a research advisor are active in the game and content industries, while others became academics in-game research-related fields at higher education institutions. 

Professor Uemura has been actively involved in presenting his research at our conference, and in 2013, he received the DiGRA Japan Award. In addition, he played a leading role in the international conference “Replaying Japan,” which is also co-hosted by us, and made a significant contribution to game research in the world as a whole. 

We would like to express our deepest gratitude to  Professor Uemura for his thoughtful guidance to our association and extend our heartfelt condolences. 

We would like to express our deepest gratitude to  Professor Uemura for his thoughtful guidance to our association and extend our heartfelt condolences. 

Digital Game Research Association Japan 
President  Akinori Nakamura 
And Director of the Boards 


本学会が初めて主催したDiGRAの国際年次大会であるDiGRA2007の記念座談会へのご登壇をはじめ、本学会に多大な貢献をいただいてきた上村雅之先生(立命館大学ゲーム研究センター研究顧問)が、2021年12月6日にご逝去されました。 

上村先生は、任天堂のファミリーコンピュータやスーパーファミコンなどの開発責任者として、デジタルゲーム産業の形成と発展において重要な役割を果たされてきましたが、同時に、ゲーム関連の研究や教育を推進するべく、大学にその活動領域を広げた最初期のゲーム業界出身者でもありました。現在、上村先生の元から巣立っていった多くの若手が、ゲームやコンテンツ業界で活躍するとともに、高等教育機関でゲーム研究や教育に携わるようになっています。 

上村先生は、本学会においても積極的に研究成果をご発表されており、2013年には学会賞を受賞されました。さらに、本学会も共催している国際カンファレンス「Replaying Japan」において主導的な役割を果たされ、世界のゲーム研究全体に対しても多大な貢献をなされました。 

これまでの上村先生の思慮溢れるご指導に深謝いたしますと同時に、心より追悼を申し上げます。 

日本デジタルゲーム学会 
 会長 中村彰憲 
 理事一同 


日本デジタルゲーム学会では、「日本デジタルゲーム学会賞」ならびに「若手奨励賞」の受賞候補者の推薦を募集しております。
受賞候補者は、自薦・他薦を問いません。推薦者は、審査委員会に対し、候補者の略歴・審査対象業績・業績リスト・及び推薦理由書等を2022年1月31日までに提出してください。

<提出先> prize [あっと] digrajapan.org(あっとは@に変換してください)

受賞対象
a. 日本デジタルゲーム学会賞 次のいずれかに該当する者に授与する
・デジタルゲームに関する研究において特に優れた業績があると認めた者
・デジタルゲーム及びその応用,あるいは本学会の運営について多年にわたり特に顕著な功績があったと認めた者または企業・団体受賞者の数は原則として1名、ないし1社・1団体とする。
b. 若手奨励賞 若手研究者の研究を奨励するため、デジタルゲームに関する理論又は応用につき優れた研究を行ったと 認められる、原則として 40 歳未満の研究者に授与する。
・受賞者の数は若干名とする。

詳しい受賞規程は、下記Webページを参照してください。
http://digrajapan.org/?page_id=219#14
皆様の推薦をよろしくお願いいたします。


2021年10月29日(金)~11月19日(金)に投票が行われておりました日本デジタルゲーム学会理事選挙の結果は以下の通りです。

次期会長立候補者として以下の会員が当選しました。

  • 遠藤雅伸

また、次期理事候補として以下の会員が当選しました。

  • 粟飯原 萌
  • 小山 友介
  • 渋谷 明子
  • 田端 秀輝
  • 福田 一史
  • 古市 昌一
  • 松隈 浩之
  • 三上 浩司
  • 三宅 陽一郎

本選挙結果は、本学会選挙規程第25条に従い、理事会に報告された後、理事会の議を経て、総会に提案されます。
第12回年次大会会期中(2021/2/11-12)に開催される、会員総会での決議をもって次期体制が決定される予定です。

日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)会長および理事選挙の告示:https://digrajapan.org/election2021/


日本デジタルゲーム学会教育SIGでは、広く非会員でも参加できるオンライン勉強会(無料)を開催しています。今回は16回目として、下記の講演を行います。

「リズムゲームで英語が学べる『リズムで英語 ビートトーク!』はこうして誕生した(仮)」

講演者 濱田隆史(ギフトテンインダストリ 代表取締役)
日時 11月26日(金) 19:30~21:30
会場 オンライン(ZOOM)
参加費 無料

楽しみながら英語を学ぶ工夫が随所にこらされている、ニンテンドースイッチ向けゲーム『リズムで英語 ビートトーク!』。まさにシリアスゲーム。

今回の勉強会では、本ゲームを作成したギフトテンインダストリの濱田隆史さんをゲスト講師に迎えて、ゲームの企画意図や開発経緯、反響などについてお話しいただきます。
終了後に、交流会もあります。

▼お申込みは、こちらから peatix ゲーミファイ・ネットワーク 第16回勉強会(オンライン) https://peatix.com/event/3080047/


日本デジタルゲーム学会は、2022年2月11日(金 ・祝 )・12日(土)に第12回年次大会を大阪国際工科専門職大学で開催することになりました。

本大会は、現地での開催を想定しております。(感染症の状況次第で、完全オンライン形式に変更する可能性があります。2022年1月中旬頃に判断します。)

つきましては、年次大会での発表者を募集したします。
昨年に続きまして本年も「一般トラック」の他に「特選トラック(査読付き)」を募集いたします。

「特選トラック(査読付き)」(査読用原稿締切:12/13(月))

「一般トラック」(企画セッション概要提出締切:12/15(水)、それ以外の発表は12/24(金)/予稿は 1月23日(日) 締切
※12/13 :企画セッションの締切を12/15に修正しました。

発表申込ページを12/1に公開いたしました。
詳細は下記ページをご確認ください。

日本デジタルゲーム学会 第12回年次大会 発表者募集(CFP)

みなさまの研究の成果の発表をお待ちしております。


日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan) 会長および理事選挙について
10月22日に候補者の告示をいたしました。

https://digrajapan.org/election2021/index.html

投票期間は2021年10月29日(金)~11月19日(金)で、選挙権者(2021年9月8日現在の正会員) には、選挙ページのURLと投票方法のご案内を記したメールを近日中にお送りいたします。

◆ 投票期間: 2021年10月29日(金)~11月19日(金)

◆ 結果発表: 2021年11月26日(金)

新会長、新理事は第12回年次総会(2022年2~3月予定)前の理事会で承認され、年次総会の議決を経て総会終了後に就任します。

会員の皆様の投票をよろしくお願いいたします。


日本デジタルゲーム学会では、会長および理事選挙規程に従い、次の期日で選挙を行います。

◆ 立候補・推薦候補の届け出〆切:2021年10月15日(金)

◆ 候補者の告示: 2021年10月22日(金)

◆ 投票期間: 2021年10月29日(金)~11月19日(金)

◆ 結果発表: 2021年11月26日(金)

現在、会長、理事候補の立候補・推薦候補を受け付けております。(締切:10/15)
詳細は下記ページをご覧ください。

https://digrajapan.org/election2021/


「Journal of Replaying Japan Vol. 4」の原稿の募集の告知が出ています。

応募テーマは「日本のビデオゲーム、ゲーム文化、および関連メディアを対象とする研究」で、
募集対象者として、「日本のビデオゲーム、ゲーム文化、および関連するメディアの研究者・開発者・実務家」「日本に関連のあるアジアのゲーム文化の研究者・開発者・実務家」が挙げられています。

言語は日本語または英語で、提出期限2021年 9月30日(木)となっています。

詳細は立命館大学ゲーム研究センターのホームページの告知
https://www.rcgs.jp/?p=1509
をご覧ください。

« 前へ